どんな運動をすればダイエット効果があるでしょうか。運動は大きく分けると有酸素運動と無酸素運動の2つの運動があります。有酸素運動は短時間で見る運動量としては、エネルギーの消費量は少なめです。一定時間続けて行う運動で、ジョギングやサイクリングなどが代表としてあげられます。

一方、無酸素運動は、短時間で瞬発力を求めるような運動で、筋肉を使う短距離走のような運動になります。一般的にダイエットをする人におすすめの運動は有酸素運動と言われています。無酸素運動でももちろんダイエットの効果があります。太っている人は普段から体を動かす習慣のない人が多いようです。

瞬発的な運動でのダイエットではなく、軽い運動でも長時間できるような内容にする方がダイエットには適しています。無酸素運動よりは有酸素運動の方がダイエットに向いているのです。有酸素運動での運動量はそれほど多くないため、30分は時間をかけてできるような運動をすることが重要です。

最初のうちはウォーキングのような軽い運動から取りかかり、徐々にジョギングに以降するなどして運動量を増やせばダイエット効果もアップします。

関連ページ