フラット35sの審査って何をしている?

フラット35sの審査は、二つの側面があります。
一つは申込者に住宅ローンを返済する力があり、それが35年間継続するかという点です。
そして、もう一つは担保となる住宅がフラット35sの審査に合致する規格の建物であるかどうかです。
両者の見地で合格して初めて審査が通るのがフラット35sの審査です。
この2つの審査は基本的に銀行などの住宅ローンの審査と同様です。
最近は銀行でもフラット35sのように、ある程度の条件を満たした住宅に対しては優遇金利を適用することが増えています。
しかし、フラット35sのような思い切った金利減免ができるかどうかは別問題です。
住宅ローンの金利は最近低下傾向にありますから、目ただなくなっていますが、金利の減免は大変なのです。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】